mail

0269-23-2266

knife

伝える

craftsman

職人の紹介

親方から弟子へ

勝山建設では、若手育成と技術の継承、そして職人としての心構えの醸成を大切に、職人たちが生涯を通して大工として活躍できるよう、職場環境を整えています。親方の確かな指導のもと、若手大工たちが日々腕を磨いています。

大工としての
心構えを養う。

どんなに時代が変わっても、変わらない職人の心。一流の職人になるためには、技術はもちろん、人間的にも成長しなければいけません。勝山建設では昔ながらの職人の文化を大切に、職人としての厳しい心も育てています。

幅広い技能を
学んで欲しい。

23歳以下の若手技術者が年に一度、日頃鍛えた技能を競う「技能五輪」への出場を会社としてバックアップ。競技を通してものづくりの基本を身に付け、総合的な知識と技術力を磨いています。これまでに全国銅賞(3位)入賞者を輩出しました。

craftsmen 職人の紹介

妥協のない姿勢で、プロとして高い技術力をもって家づくりを追求する職人たち。伝統的な手仕事を大切に、現代の技術も学びながら精進し続ける勝山建設の職人をご紹介します。

oyakata

勝山要助Yosuke Katsuyama

【大工/棟梁/会長/1947年中野市出身】

プロフィール

ものづくりが好きで15歳で大工の道へ。古民家改修の技術を磨き、21歳で独立して有限会社勝山建設創業。24歳で初めて自邸を新築し、以来、新築仕事が舞い込むように。28歳で2軒目の自邸を建て、結婚。
日本民家再生協会会員。

仕事への想い

依頼された仕事は断らず、全てが自然な流れで今に至っています。女性大工の入社も自然の流れ。男女を意識することなく同じように職人たちに教えています。とはいえ、今になってみれば大した仕事をやってきたとも感じます。現代の多くの工務店は下請け仕事が中心ですが、当社は商談から設計、見積もり、契約、家づくりまで行うことができ、お客様に喜んでいただけることがやりがいです。

趣味/休日の過ごし方

趣味は特に関係ありませんが、これまでに印象に残っている仕事は40歳前後で手がけた社寺建築に近いこだわりの住宅です。大工の手間だけで1000万円もかかったような大仕事で、今でも職人たちには自信をもって案内しています。若い職人には技術はもちろんのこと、昔からの職人の文化を大切に、規律正しい生活を身につけてほしいと考えています。

親方が関わった建物
miyamoto

宮本翔平Syohei Miyamoto

【大工/2012年入社/1992年飯山市出身】

プロフィール

小学生のとき、地元大工に自室をつくってもらったことで大工に興味を抱き、高校卒業後、松本技術専門校に進学。伝統技術で仕事がしたいと勝山建設に入社。在学中から3年連続で技能五輪に出場し、初出場では県大会で敢闘賞(入賞)受賞、3年目に全国大会で銅賞受賞。
建築大工技能士2級取得。

仕事への想い

入社4年目で初めて古材の墨付けを一棟やらせてもらい、入社5年目には半年間、横浜で墨付けを任されました。一つひとつの形が異なる古材の墨付けは一般的には10年ほど修業を積まないとできないと言われていますが、当社は早いうちからどんどん仕事を任せてもらえるやりがいがあります。普通の大工とは違う伝統技術での仕事は楽しく、親方が元気なうちにもっといろいろな技術を盗みたい思っています。

趣味/休日の過ごし方

車が好きで、スバル・レガシィをスポーツカーのように改造し、サーキットに走りに行ったり大会に出場したりしています。また、小学生の頃から高校までスキーをしていたので、今でもジュニアチームのコーチを務めています。

宮本BLOG 宮本が関わった建物
nakata

中田 藍Ai Nakata

【大工/2015年入社/1989年中野市出身】

プロフィール

大学で建築を専攻し、課外活動で木造建築の設計から施工まで関わったことで木造建築の本質を知れる大工の道へ。大学院修了後は都内の工務店で3年間経験を積み、結婚を機にUターン。古民家再生や手刻みなど昔ながらの仕事に携わりたい想いで勝山建設に入社。

仕事への想い

仕事はものづくりの楽しみもありますが、完成してお客様に喜んでもらえることが一番のやりがいです。また、東京で働いていた会社に比べ、勝山建設は現場に入る職人の人数が少なく、自分一人しかいない場合もあるため、現場での判断を任されることもやりがいに感じています。
これからやりたいのは、純粋な和室の造作です。つくったことがないので手がけてみたいですね。

趣味/休日の過ごし方

実家が寺を営んでいて庭が広いため、休日のほとんどは庭掃除の手伝いをしています。仕事をしてから実家の本堂が歪んでいることに気づきました(笑)。今は子どもはいませんが、将来の目標はお母さん大工になること。
いずれ子どもが生まれても仕事は続けていきたいと思っています。

中田BLOG 中田が関わった建物
arakawa

荒川昌子Shoko Arakawa

【大工/2015年入社/1987年東京都出身】

プロフィール

美術大学で彫刻を学び、卒業後は家具づくりに興味をもち専門学校でインテリアデザインを勉強。八ヶ岳の麓の工房で家具職人として働いたが、趣味のゲストハウス巡りから古民家に惹かれ、土着的な空間づくりを学ぶために勝山建設に入社。

仕事への想い

東京には戦時中の空襲で築100年を超える長野のような古民家がなく、平屋もないため、家具職人として長野県で就職してから古民家に興味を抱くようになりました。現場では真摯に仕事に向かう兄弟子・姉弟子の存在が一番のモチベーションになっており、古民家の解体から見えてくる先人の空間づくりの奥深さや、雪国で何百年もの風雪に耐えた木材の魅力にふれられることがやりがいになっています。

趣味/休日の過ごし方

多趣味で、動くこと全般が好きです。球技や山登りも好きで、いろいろな街に出かけてゲストハウスを巡ることも楽しいです。また、散歩が好きで、休憩時間もひたすら歩いています。もっと長野県を知りたい気持ちが強いので、古民家の仕事は山奥の現場などいろいろな場所に行けるのも楽しく感じています。

荒川BLOG 荒川が関わった建物
syacho

小笹 勇Isamu Ozasa fb insta

【代表取締役社長/設計・管理・営業/
2009年入社/1976年京都府出身】

プロフィール

4人兄弟の四男として生まれ、父親の仕事の関係で京都、兵庫、石川を移住し、大学では建築を学ぶ。ハウスメーカーに就職し、松本支店で妻・香織と知り合い結婚。伝統建築や古民家再生の仕事に面白さを感じて妻の実家・勝山建設に入社。2015年、代表取締役社長を後継。

仕事への想い

現場管理と営業、設計が主な仕事です。流行ではなく“よいもの”を残したい、若い職人を育てモチベーションを高めたい想いで仕事をしています。世の中には古民家を再生したいお客様が少なからずいますが、伝統技術をもった職人がいなくなるとできなくなるのは可哀想だと感じます。そこで当社はできる限り手刻みの家づくりをし、日本の伝統建築を残していきます。

趣味/休日の過ごし方

自然を感じることが好きで、長野県は空気や水もおいしいので、そんな環境でキャンプや登山、スノーボードなどのアウトドアを楽しめることを幸せに感じています。また、焚き火も好きで、昨年建てた自宅には焚き火場をつくり、休日はBBQを楽しんでいます。このようにお客様にも家を建てることで幸せを感じ、思う存分家での暮らしを楽しんでもらいたいですね。

社長BLOG 社長が関わった建物
ozasa

小笹香織Kaori Ozasa

【経理・管理・CAD入力/2009年入社/1977年中野市出身】

プロフィール

勝山建設の次女として誕生し、建築系の短期大学に進学。就職したハウスメーカーで夫・勇と知り合い結婚。一足先に退職し、CAD製作会社に就職。30代になるのを機に夫婦で将来を見据え、勝山建設に入社。現在は手書きの図面をCAD入力するほか、経理や総務の仕事を担当。
3児の母。

仕事への想い

一人親方だった父親のもとに今は若い社員が増えたので、大工という危険が伴う仕事のなかで皆が安心して働けるよう、保険の加入など安全面の配慮と福利厚生など職場環境の整備を心がけています。また、建築の仕事はお客様から預かる金額も大きいため、しっかりとした管理に努めています。昨年、自宅を新築したことで家を建てる仕事の素晴らしさを知りました。私たちは魅力ある仕事をしているのだと実感しています。

趣味/休日の過ごし方

小学6年生、4年生、3歳の3人の子どもたちが生活の中心です。今は子育てをしながら働いていて事務仕事は自宅で行っており、育児と仕事が両立できる環境にいることをありがたく思います。趣味はスラックラインで、昔は子どもとやっていたのですが、最近はできていないので、また再開したいですね。